Happiness Of Living In This Country With Contrivances of God

SANYO DIGITAL CAMERA

According to Nihon-Shoki, the oldest chronicles of Japan, the first time Amaterasu-oho-mi-kami(天照太御神)reached Ise(伊勢), carried on the back of Yamato-hime-no-mikoto(倭姫命), or the Imperial princess, Amaterasu-oho-mi-kami said to her “This place where the wind is blowing from the ocean is where the wind from Tokoyo(常世), the floating island which used to be on the ocean long, long time ago,  still keeps on beating like waves do. I want to stay here because I can immerse myself in the beautiful memories with Kunitokotachi-oh-kami(国常立太神).” Amaterasu-oho-mi-kami and Kunitokotachi-oh-kami are also positive and negative energy of the world like a wife and a husband.

  • Imperial princess 皇女
  • floating island 浮島
  • immerse 浸らせる

A columnar joint stone pillar, which was formed by lava getting cold and hard at Mt.Hakusan(白山) in the stage of creation of the earth, was carried to the floating island(This was a huge island floating on kelp in the sea and it was made of accumulated bird dropping. Since it was a floating island there’s no trace any more. It is also called “Mu”) and became the stone for Yorishiro(依り代, a medium for spiritual bodies to stay at temporarily)for the worship of the sun, where the sun god(=Amaterasu-oho-mi-kami) was worshipped.

  • columnar 柱状
  • pillar 柱
  • creation 創造
  • lava 溶岩
  • kelp 昆布
  • accumulate 蓄積する
  • trace 跡
  • worship 崇拝

It seems that peaceful, paradisal years continued for a long time, when Kunitokotachi-oh-kami had direct effects on the World of Reality. But it remained so paradisiacal that human beings couldn’t change and evolve.

  • peaceful 穏やかな
  • paradisal 楽園のような
  • effect 影響
  • evolve 進化する

In later ages, the stone pillar was carried to the place where the present Izougu(伊雑宮), which is an associated shrine of Naiku(内宮) of  Ise Grand Shrine(伊勢神宮)and whose official name is Izawa-no-miya, is located and buried under the ground of the forest behind the main building, I feel. The holy energy of Kunitokotachi-oh-kami has existed at Geku(外宮) of Ise Grand Shrine.

  • present 現在の
  • bury 埋める
  • reside 鎮まっている

And about 2000 years ago, in recent years, Amaterasu-oho-mi-kami, because of the karma of the time immemorial, made the princess visit Mt. Mira(三輪山)in Nara(奈良) and some places around Kyoto(京都) so that spiritual barriers could be formed and went back to Ise where it should be and has resided there ever since.

  • so that S+V SがVするように
  • reside 鎮まる

Though the present world is tough to live in, it is the best environment to improve your soul by leaps and bounds. People may be fortunate who can go through ordeals in this country with ancient contrivances of God. I hope we will get over them positively.

  • improve 改善する
  • by leaps and bounds 飛躍的に
  • ordeal 試練
  • contrivance 仕組み
  • positively 積極的に

生かして頂いて ありがとう御座位ます

I KA SHI TE I TA DA I TE    A RI GA TO U GO ZA I MA SU

Thank you so much for keeping us alive.

Advertisements

One thought on “Happiness Of Living In This Country With Contrivances of God

  1. wanderingmonk19さん、いつも『森羅万象』の英訳を本当にありがとうございます。
    今回、“Happiness Of Living In This Country With Contrivances of God”の記事を読ませていただき、いくつか気になる点がありましたので、私の意見をお伝えしたいと思います。
    なお、この投稿は、wanderingmonk19さんの参考にしていただくためのものですので、アップも返答も不要です。

    第一段落

    ・Tokyo(常世)→Tokoyo(常世)(oの脱字)

    ・Kunitokotahi-oho-kami(国常立太神)→Kunitokotachi-oho-kami(国常立太神)(cの脱字)

    検索システムで「◆伊勢白山道 くにとこたち」と入れて調べていただくとわかりますが、伊勢白山道さんは、国常立太神の読み方を「くにとこたちおおかみ」(または「くにとこたちのおおかみ」)とされています。
    つまり、国常立太神の「太」は、「おほ」ではなく、「おお」と発音されています。
    したがって、現在、天照太御神と国常立太神の「太」はいずれも“oho”と表記されていますが、「おほ」と「おお」の違いがわかるように、表記も区別した方がよいのではないかと思いました。

    第6段落

    ・Thought→Though(tは不要)

    ・“the sun god(=Amaterasu-oho-mi-kami) ”と表現されているにもかかわらず、“where she should be and has resided there ever since.”のように、“the sun god”とイコールとされたAmaterasu-oho-mi-kamiを“she”で受けることには違和感を覚えました。

    伊勢白山道さんは、以下の記事で述べられていますように、天照太御神を男性神と捉えることには否定的です。

    「太陽神の性別の考え方は、色々と国毎にある様です。
    天照太御神も、いまだに男神説が存在しています。
    天照太御神を強く信奉した時の権力者や男性の神官を幻視して、それを天照太御神だと勘違いしてる人は多いです。
    天照太御神の正体は、本当の太陽の様な姿のエネルギー体です。 人物の形象を取る存在は、別の物です。
    ただ、実物の太陽の様に高温ではありません。 温度は感じませんが、心が温まる存在です。 女性的な波動を有するのは事実です。 万物を生み育てる性質が、人類の女性と共通するからかも知れません。」

    「遍在する太神」(2008年7月10日)

    「伊勢の写真集( http://www.amazon.co.jp/dp/4270005807 )において、伊勢神宮の伊雑宮(いぞうぐう)に鎮まる太陽神の素の御姿を公開しました。
    このエナジー体の御姿は、天照太御神(アマテラスオホミカミ)の最高次元(10次元)に限りなく近い形です。
    これが次元を降下しますと、いわゆる人格神(じんかくしん)と呼ばれる具体的な人間に近い様相で観えだします。5次元まで下がりますと、十二単衣の着物をまとう皇女であったり、伊雑宮の大祭の日には人魚の形象にエナジー体が変化して霊視出来ます。」

    「すべての生き物は、1つの神の姿」(2010年5月26日)

    「今朝、心に浮かんでいたのは、神の性別と言うテーマでした。
    キリスト系では、天にいる神を父と呼び、日本神道では天照太御神(アマテラスオホミカミ)は女神だとされています。天照太御神の男神説と言うのが昔からありますが、これは天照太御神を守る眷属神の様相を誤認しています。
    神様と言うものは、7次元以下では人格神(じんかくしん:人間の姿の様相を取って現れる存在)として現れて、特有な個性と性別を帯び始めるものです。
    8次元以上では、個性も性別も消えて、光の存在と成ります。」

    「愛情は、次元を超える」(2010年7月20日)

    「この日輪の存在が、次元が下方に降りるに従って、人格神(じんかくしん)という人間の形象を取り始めます。これは既に5次元以下の霊的存在の形象です。
    天照太御神が男性神の形象だと主張する先生が今でもいますが、これは天照太御神を信仰した神官や男性の人霊を幻視しているに過ぎません。
    脳内で見える形象とは、いかにいい加減な過去の磁気を拾っているのかの良い例です。」

    「不滅の言葉 No.15」(2013年8月18日)

    したがって、人格神としての天照太御神を表現する際には、男性神であるとの誤解を招く“the sun god”ではなく、女性神であることが明確にわかる“the sun godess”を用いた方がよいと思います。
    もっとも、次元が高くなり、個性も性別も消えた状態の天照太御神(伊雑宮に鎮まる10次元の天照太御神)を表す場合には、逆に、人格神を想起させる“godess”は不適切とも思われます。
    この記事で、実際にどう表現するかは悩むところですが、いずれにせよ、天照太御神の性別と、天照太御神を指す人称代名詞の性別は統一した方がよいのではないかという問題意識はお伝えしておきます。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s